御在所初雪

三ルンゼの方へ抜ける遊歩道は北面の所為かまだ真っ白です。
じゃあ今日は朝陽台はパスってこちらから行きましょう。
久しぶりの雪道、ルンルンルン。
アゼリアへの遊歩道にも雪が残っています。
ちびっこ広場にはスノーマシンの雪がかなり残っています。
踏むとザクザク。典型的な高温時のスノーマシンのかき氷です。


20101211

駐車場の混み具合は先週確認済み。今日はゆっくりのご出立です。と言ってもせいぜい10分程度の事ですが。
10分程度遅くったってまだ真っ暗です。その暗い中でっぱつ。エンジンが温まるまで暖房が効かず寒いです〜。
さすがに12月、23号線もトラックが多いような…。
思ったよりノロノロ運転が多く時間がかかりますが、7時を過ぎても充分停められるという安心感からイライラする事もありません。気を大きく持ってのんびり行きましょう。

6:55 a.m. 中道入口駐車帯着。
先週に引続きガラガラに空いています。ん? Iさん達今日も歩きのようです。

7:00 a.m. 仕度を済ませでっぱつ。
ひやかしに聞いてみると、明日南山へ行くそうです。南山の日溜まりでお稽古なんてなんて軟弱な。いや軟弱癖を植付けたのは私本人だったりして…。

歩き始めると丁度御在所が朝陽に染まっています。これで雪化粧していればもっと綺麗なんですが…、残念。

昨日の中日新聞夕刊に冠雪した山頂の写真が載っていたので、微かに期待して来たのですが。
そう話すと三重版では山頂からの富士山の写真だったそうです。こんな所にも地域差、ローカライズがあるんですね。新聞社も読者サービスに努めているようです。

登り始めると汗がほとばしります。風も無く気温も高いようです。先週耳がちぎれるほど冷たかったので今日は毛糸の帽子を被ってきましたがその必要は無かったようです。「ふ〜、暑い暑い。」

7:40 a.m. 岩棚着。
振り向けば伊勢湾が朝陽に輝いています。冬のこの時間帯の風物詩です。

正面、本谷上部には昨日の雪が僅かに残っています。

尾根筋に出て風が当たるようになると涼しくて良い気持ち。ん? 季節は冬なんですけど。
あちこちにチラホラと雪が融け残っています。Iお母さんは待ちかねていたかのように雪を踏んづけています。お若いですなあ。

北谷テラスで誰からかIさんが声をかけられています。「顔の広い人だな〜。」なんて思っていたら、なんとM先生。お久しぶりです。今日は植物学者の先生とご一緒。ちんぷんかんぷんの私は話の中に入って行けません。
暫く雑談の後でっぱつです。

岩稜帯まで来ると北側の視界が広がります。鈴北の左に朝陽に銀色に輝く峰。周りが雲に遮られよく解かりませんが伊吹?という意見も。角度を替え暫く眺めて特定できました。あれは霊仙ですね。伊吹は灰色の雲の中です。
藤原も御池も真っ黒のシルエットですが一部には銀色に冠雪している山もあります。あの雲が取れれば伊吹もきっと銀色に輝いている事でしょう。

上のテラス着から上は雪が残っています。Iさん、もうウハウハ。

8:45 a.m. 富士見岩着。

雲母峰の上から放射状に光線が射しています。こんな小さな山でもこんな荘厳な景色を演出してくれる事もあります。これだから御在所通勤は止められません。

今日の摩利支天像のお賽銭箱は凍っていません。北部上空には雲が多く気温も高めなので当然ですね。

三ルンゼの方へ抜ける遊歩道は北面の所為かまだ真っ白です。じゃあ今日は朝陽台はパスってこちらから行きましょう。
久しぶりの雪道、ルンルンルン。
アゼリアへの遊歩道にも雪が残っています。ちびっこ広場にはスノーマシンの雪がかなり残っています。踏むとザクザク。典型的な高温時のスノーマシンのかき氷です。

9:00 a.m. かもしかセンター前で小休止。これからは平坦路と下り。さすがに山頂は寒いです。ジャケットを着込みます。


9:10 a.m. 望湖台着。

振り返れば相変わらず荘厳な景色。ホント、雲の中にお釈迦様かマリア様かアッラーの神様がかくれんぼしているようです。

雪融けに濡れた無彩色の世界を武平に向けて行きます。葉を落とした木々の枝にはもう来年の芽が膨らんでいます。
高度を落とし掘割の中を行くようになると、急に暑くなります。おまけに薄日でも射そうものならまるで春。小春日和とはよく言ったものです。

9:50 a.m. 武平峠着。
ミカンを食べながら小休止。ついでにコキジでも。あっ、カラキジまで出ちゃった。年寄は締まりがなくていけません。
休憩もそこそこ鎌に向けてでっぱつ。

10:20 a.m. 展望岩着。
三ツ口谷源頭部は斑模様。美味しそうな霜降り牛を連想してしまいます。

休憩もそこそこ先を急ぎます。

山頂下のガレへ出る直前に滋賀県側から山頂へ行く新たな道が出来ています。先週はパスってしまいましたが、今日は向学の為歩いてみる事にします。
別れてすぐガレの下をトラバースします。ん? 結構な迫力。ここを登ってみるのも楽しいかも。

その後は融け残った雪でグチャグチャになった階段道。グチャグチャが嫌いなtanuoさんはだんだん不機嫌に…。

10:45 a.m. 鎌ヶ岳山頂着。
グルッと回りこみ山頂の南のはずれに出てきました。あ〜、つまらんかった。もう二度と通らないぞ。

鎌ヶ岳山頂は過密状態。祠の横に場所を確保し大休止。う〜ん、良い所ですな。風も当たらず陽射しは抜群。日向ぼっこのおさんどん。暖かなカップ麺でお腹を満たします。

11:25 a.m. でっぱつ。
今日は久しぶりに白ハゲ経由。岳峠からはトラバース道を使わず鎌尾根からの稜線を行きます。

トラバース道を合わせてからは昔ながらの道。

11:25 a.m. 白ハゲ通過。

分岐からは犬星滝へ。

長石谷に沿って下ります。冬枯れ色の谷も良いものです。谷が明るく見えます。


13:05 車に帰着。
天気は下り坂。途中三ツ口谷へ降りてきた頃に雨がぱらついていましたが、なんとか今までもってしまいました。
大汗で冷えた身体は温泉でゆっくり暖める事としましょう。

年内の土曜日は後2回。今年もお世話になりました。また来年もまるビのtanuoさんに遊び場を提供してくださいね、御在所の神様。
来年も良い年でありますように。


2010年12月11日21時00分00秒 記

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO