小春日和の紅葉狩り

約30分の奥の沢散歩。
もう1-2週は楽しめそうです。
この後は退屈な林道歩きですが
道も良くなりおまけに林道沿いの紅葉も楽しめます。
この季節はどこを歩いても紅葉狩りができます。


20091107

先日の初冠雪で紅葉前線はグッと下がった筈。早いところではもう麓まで来ています。
いかに奥の沢の紅葉が遅くてもそろそろ良い頃。いやもう遅いかもしれません。
そんなところへお誘いメール。二つ返事でハイOK。
先日は一日中寒く冷えすぎた所為か下山後の温泉でもなかなか身体が暖まりませんでした。そんな訳で今日は長袖の肌着を着てきましたたがいやに暖かいです。
星空を仰ぎ自宅を出発。暖房なしでもそう寒いと思いません。
この天気なら陽光に輝く鮮やかな紅葉が楽しめる筈。と思いきや三重県に入ると山並みが見えません。山の上だけ曇っているのかな? 
鈴鹿が近付いてくると朧げながら山の輪郭が望めます。靄? 霞? 霞は春の季語、秋なら霧です。ところがどっこいこの感じは霞ですね〜。小春日和っていうくらいだから霞もまんざら季節外れとは言えまいて。
「春霞 かすみていにし かりがねは 今ぞなくなる 秋霧の上に」紀貫之でしたっけ、こんな和歌もあるくらいだから昔から小春日和の日にはこんな霞もでてたのでしょう。
湯ノ山線からミルクロードを左折、水沢に入ると山並みがはっきりしてきます。やはり天気は抜群に良いようです。


6:50 a.m. 宮妻峡駐車場着。
道路沿いの駐車スペースは既に満杯。私はいつも下の大駐車場に停めます。だってその方がトイレに近いですもん。
下の駐車場には大幅にカスタマイズされたジムニーが停まっています。その横にはTさん。買ったとは聞いていましたが、こんなド派手な車だったとは。隣に停めしげしげと見ながら暫し車談議。カスタマイズされた状態で登録済みとの事なので車検も問題なしとの事。燃費も市街地で11km/L。最近のジムニーは燃費も大分良くなっているようです。
おっとっと、長話もほどほどにトイレで朝のお勤め。


7:10 a.m. でっぱつ。今日も左回り。降りは奥の沢の紅葉が待っています。
風も無く穏やかな晴天。陽射しが強く暑い。長袖シャツ、失敗だったかな?
カズラ谷道の尾根道にさしかかると、もう汗だく。カッターの前のボタンを外し、袖口のボタンも外し、極力身体の冷却に努めます。

いつもは薄暗いここの登りも今日はいやに明るいです。木の葉が落ちた所為でしょうか。
杉の植樹帯は相変わらず薄暗いです。風も通らず体温は上がる一方、こりゃ夏に逆戻りかなあ。
杉から照葉樹に樹相が変わるともうすぐ水場。暑いのを我慢しながら黙々と歩みます。

7:55 a.m. 水場着。

水場からの急登を喘ぎ喘ぎ登り、道が水平になると辺りは紅葉真っ只中。

雲母峰への稜線に合流すると正面には御在所の姿。もうこの辺りは紅葉も終わってしまったようです。先々週のあの華やかさが嘘のようです。


8:50 a.m. 岳峠着


9:00 a.m. 鎌ヶ岳山頂着。

涼を求めて北側へ。こちらで小休止。本当に雲ひとつ無い晴天。
静かです。いやスカイラインの復旧工事の音だけが響いています。そのうちチェーンソーの音も。間伐でもやっているのでしょう。土曜日でもお仕事、お疲れ様です。


9:30 a.m. ぼちぼちでっぱつ。一路鎌尾根へ。

風も無く陽射しは強烈。地面からは陽射しで温められた熱気がムンムンと湧き上がり暑気あたりしそう。
そんな灼熱地獄の尾根道で多くの人とすれ違う。宮妻峡に駐車されていた人達ばかりです。どうも皆さん右回りのようです。メインディッシュの鎌を最後に持ってくる設定なのでしょう。


10:35 a.m. 水沢岳山頂着。
急ぐ旅でもなし、ここで小休止。大休止はイワクラで。冷却水補給とダベリング。



11:05 a.m. 水沢峠着。

降った分だけ登り返さなくてはならない。ゼーハーゼーハー青息吐息。


11:25 a.m. 奥の沢下降点着。
あんなに晴れていた空に雲が広がり丁度曇ってしまいました。時間的にはまだ早いし光線待ちの為イワクラまで行って時間調整することに。

11:40 a.m. イワクラ着。

イワクラの下まで行って大休止。雲でお日様がかくれんぼしていても、風がなく寒くはありません。

お昼の仕度をしていると雲が切れ日の光に辺りが輝き始めます。やはり日光の有る無しで紅葉の美しさは全く違います。

大休止の後は尾根の鞍部まで戻り奥の沢の紅葉狩り。丁度日が射し良い按配。

降り始めは紅葉にはまだ早い様子でしたが降るに従い色付きの良い木が次々と現れる。紅葉前線って上から下へ進むんじゃなかったっけ。まあどちらでも良い事。綺麗ならそれで良し。


13:05 a.m. 林道に降り立つ。
約30分の奥の沢散歩。もう1-2週は楽しめそうです。
この後は退屈な林道歩きですが道も良くなりおまけに林道沿いの紅葉も楽しめます。この季節はどこを歩いても紅葉狩りができます。


13:35 a.m. 車に帰着。
さあこの後は湯ノ山の温泉へ。紅葉シーズン真っ盛り、温泉混んでないかなあ?


2009年11月07日23時00分00秒 記

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO