冬枯れHike

気温も低く歩くのに良い季節。
ちょっと足を延ばし雲母峰まで。
キーララ、キララ、キラキララ、
キララ、キララ、キラキラよ〜。
便秘にスッキリ、キラキララ〜。


20061118

玄関から出ると満点の星屑。先週に引続きこちらは好天。
春までの間、星を仰ぎながらの御在所出勤である。

今日は鈴鹿も好天である。雲ひとつない初冬の空に、朝日に赤く染まった山並みが映える。


6:55 a.m. 料金所跡駐車場着。相変わらずこんな時刻から車が多い。今日は遅くなるから温泉はヘルシーパルかな。

7:10 a.m. でっぱつ。


冷んやりと心地良い。登りにかかっても薄っすらと汗ばむ程度。立ち止まると寒いくらいだ。「ぼちぼち冬物出さなくっちゃ。」
紅葉前線はすっかり里まで降りてきており、山頂部は既に枯葉色。「こりゃあ、冬枯れHikeが楽しめそう。」

尾根に出るとさすが好天。眺望絶佳、振り返ると伊勢湾が朝日に輝いている。

冷たい岩の感触を楽しみながら地蔵岩へ。「触〜れる岩肌〜の、冷たさ〜よ♪」

おや! 御岳が見える。もう冠雪している。 あっ、乗鞍も。 あっ、北アも。
いよいよスキーシーズン到来かあ。


8:05 a.m. キレット着。


8:20 a.m. 北谷テラス着。山裾の紅葉が鮮やか。


山頂近くまで来ると釈迦ヶ岳の真上に白山。本当に白い。


8:55 a.m. 朝陽台着。さっさと武平へ。
山頂遊歩道からの御岳、白山。さすがに富士山は見えなかったなあ。


望湖台はパス。ついでに峠道へもチロリン村から。手抜きばっかり。


9:40 a.m. 武平峠通過。久しぶりの鎌ヶ岳への登り。「なんだ坂、こんな坂。」


10:30 a.m. 鎌山頂着。


【足の踏み場も無い】とはこのこと。超過密状態である。祠に拍手だけ打って早々に岳峠へ。

岳峠で小休止。燃料補給する。西からの風は無いが、いつの間にやら日差しが無くなり寒い。自家製のみかんを食べていたら指先が冷えてきちゃった。さっさと切り上げ歩き始める。


11:15 a.m. サンノダケ着。白ハゲを眼下に稲森谷、長石谷の紅葉を見下ろす。


分岐を雲母峰方面へ。
この道からの紅葉がまた綺麗なんですね。

最低鞍部を過ぎるとダラダラの尾根道。この辺り道沿いの黄様が綺麗。

やっと笹が切れた。もう雲母峰は目と鼻の先。

12:20 雲母峰山頂着。木々の合い間から御在所、鎌の証拠写真。

「さあ、さっさと降りよう。」来た道を引き返し、稲森谷へ。

苔の付いた滑りやすい石の上を飛びながら降りていく。

13:25 二股着。ここまでくれば堰堤は目と鼻の先

この先は東海自然歩道を辿る。この辺り、今が紅葉最盛期。

14:00 潜り戸滝着。


さてこの後が本日の核心部、温泉街通過ルート。人為的危険度が高く、グレードはY。あなたは無事通過できますか?
ヘロヘロの老骨に鞭打って進む。強靭な体力が要求され、本当にハイ・グレードなルートです。また野性的なルート・ファインディング能力も要求されます。下手なルートを採ると車に轢かれて命を落とす事になります。


14:45 車に帰着。「ゲゲッ、もう直ぐ3時。」
やはり今日は希望荘はパス。ヘルシーパル湯ノ山に向かう。


2006年11月18日23時35分00秒 記

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO