秋空Hike

予期せぬ快晴。空はすっかり秋。
湿気、気温はまだ夏の名残が色濃いが、それでも充分凌ぎ易くなった。
晴れ渡った秋空の下、鎌まで足を延ばす。
鎌ちゃん、お久〜。


20060902

遊びに行きたし、カルは無理。ハイテンコードは未だ来ない〜♪
じゃあ、Auで行くか。数日前の予報では土曜は曇り。雨ではAuが汚れるからパス。曇りなら人出が少なく傷を付けられる危険度がぐっと下がる。まるビ親爺は気苦労が絶えぬ。
玄関を出ると意外に天気が良い。昨日の雨がまだ乾いておらず湿度も高い。
カルちゃんと違いすぐスピードが上がってしまう。いつもと勝手が違い少々戸惑うが、やはり乗って楽しい。
道中のドライブを楽しみ、御在所でも楽しみ、こんなにHappyで良いのだろうか? 何か良からぬ事が起こらねばよいが…。

ラジオの天気予報で今日は晴れとの事。「ええっ、話がちゃうやんけ。」(尤も私が知らなかっただけで、金曜夜の予報では快晴に変っていたらしい。)
「参ったな。」またまた晴れ男の弊害に祟られるtanuoさんです。「ああ、暑くなりそう、人出も多そう。」

6:45 a.m. 駐車場着。蒼滝橋Pが既に満杯になっていたので気になっていたが、料金所跡Pはガラガラ。これなら大丈夫かな? ここに停める人は隣と充分離してくれるので有難い。ザックに付けた金属類を無頓着に車に擦って行く人が多いからなあ。…まるビ親爺は気苦労が絶えぬ。

6:55 a.m. でっぱつ。
無茶苦茶良い天気。気温も低く冷んやりと心地良い。

登り始めるとすぐ汗が噴出す。湿度が高いようだ。
空が無茶苦茶綺麗。道端には風雨に引き千切られたミズナラのドングリ。「もうこんな季節か。」

大汗で既に全身ぐっしょぐしょ。
尾根筋に出ると涼風がオーバーヒート気味の全身を冷やしてくれる。冷たく感じるほどだ。暦も9月。やはり盛夏のクソ暑さは無い。
この空の色を御覧あれ。雲もすっかり秋のものだ。


7:40 a.m. 地蔵岩着。人も少なく天気も最高。頭の上で小休止。


8:05 a.m. 北谷テラス着。


8:25 a.m. 岩稜帯着。


8:40 a.m. 富士見岩展望台着。


9:00 a.m. 朝陽台着。


9:15 a.m. 望湖台着。


休んでいたらすっかり冷えてしまった。これからは暖かいものが恋しい時期になります。
久しぶりに武平へ向かう。
ぼちぼち躑躅類の葉っぱが色づき始めた。赤みを帯びた葉っぱと秋色の空とのコントラストが綺麗だ。

道草食い食い武平へ降る。


10:20 a.m. 武平峠通過。
先週パスったせいか身体が重い。おまけに右足首外側のくるぶしが痛い。この靴も型崩れが激しくそろそろ寿命かな。ああ、先週濡らしちゃったしなあ。懐に寒風が舞う、まるビ親爺のtanuoさんです。
右足を引き擦りながら登りにかかる。


11:00 a.m. 鎌ヶ岳山頂着。周りは薄いガスに包まれている。雨乞岳山頂付近にはデカイ雲が。「こちらも夕立来るかな?」

祠に拍手の後、南面リッジのリザーブシートへ。


11:15 a.m. 出発。とりあえず岳峠へ。

馬酔木ももう来年の花芽を付けている。1GBのSDメモリが入っていると、無駄でも良いからとバカバカ撮り放題。要らなきゃ帰ってから捨てれば良い。こんなモニタじゃあ良い悪いなんて判別出来ない。いきおい無駄に撮る枚数が増える。


11:50 a.m. 白ハゲ着。靴を脱いで、くるぶしの様子を見る。来週には慣れるだろう。大雑把な人間である。
ついでに小休止。静か過ぎて気味が悪いくらい。遠くでツクツクボウシの声。ああ、秋ですなあ。


12:25 犬星滝の前に降り立つ。

よくよく考えてみると、今年はまだ一度もここから三ツ口谷に抜けてないような気がする。だんだん軟弱になっていくんだなあ。
その後は滝巡り。ホトトギスも咲き始めたようです。イワタバコは既に散り果て〜。


長石谷からスカイラインまで一登り。途中でムクゲの花。これもついでに一枚。

うーん撮っても撮ってもまだまだ撮れる。いい加減飽きてきたぜ〜。Net販売のメモリは2週間くらいで壊れるものもあるそうだ。もう暫く様子見。全メモリチェックの為には今日の写真を消さずに置いておこうかな。メモリフルになるまで写し続けるか。


13:25 車に帰着。Auちゃんは無事。しかし汚いな。帰ったら洗ってあげよう。
カルちゃんとAuちゃんでこんなに差別して良いものか。でもなあ、しょうがないわなあ。
Auちゃんのシートを汚さないようにバスタオルでカバーして乗り込む。…まるビ親爺は大変です。
さあ、久しぶりの温泉へGo!


2006年09月02日22時30分00秒

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO