紅葉狩りHike

浮気をしている最中に、
御在所辺りも紅葉真っ盛り。
人に先を越され、あな悔しや花一匁
否、負けて悔しい紅葉一匁。

20051103

Net情報によると御在所、鎌ヶ岳辺りはみごとな紅葉とか。
ここをテリトリーとしている者としては是非確認しておかねば。
今年は夏場の日照が悪く色付きも悪かろうと思っていたが、自然は愚かな人間の思い込みなぞいとも簡単に裏切ってくれる。
何もかも解ったつもりでいる愚か者に、謙虚でいろ!と言っているかのようである。
年とともに傲慢になっていく自分に、身を引締めるよう叱ってくれる親のようでもある。
それじゃあ今日も叱られて来よう。


まだ暗い中23号線に入る。
ポツポツとウインドガラスに雨粒が。暫くすると本降りに。
この降りの中歩くのは御免蒙りたい。と思いながらも引き返すきっかけがつかめずダラダラと走り続ける。どうやら降ったり止んだりのようだ。薄明るくなった空を見ると雲はさほど分厚くはなさそうだ。
「これくらいなら行くだけ行ってみよう。雨なら人出も少なくて良いかもしれない。」
菰野に入ると一部青空が覗いている。霧雨に煙る紅葉もおつな物だ。引き返さずに正解だったね。
料金所跡駐車場はまだ5-6台しか停まっていない。雨は? 降ってない。こりゃ大正解。僕ってどうしてこう運が良いんでしょ。
何事も良い方に解釈していると世の中全てがHappyである。

7:20 a.m. 出発。この辺りの木々も色付き始めている。山肌も針葉樹の濃い緑の中に黄や赤が織り交ざっている。

曇っているのと湿気が多いのとでぼんやりしているが情報どおり紅葉真っ盛りである。

この辺りの紅葉は亜高山帯のような鮮やかさは無い。ナナカマドの目に沁みるような赤、ダケカンバの鮮やかな山吹色に近い黄色、ハイマツの濃い深緑などと比べる事自体無理な話である。ツツジ類のくすんだ赤、ミズナラの褐色に近い黄色、シロモジの緑の混じった黄色、杉の明かるめの緑、など鮮やかさには少し劣るがそれでもこれだけカラフルなら申し分無い。緑一色からこのカラフルな秋色を経て枯葉色に移り変わりそして白と黒のモノトーンの冬に移り行くのである。ものの哀れを感じるには充分な演出である。


8:10 a.m. キレット着。薄いガスが流れているが雨はポツリとも来ない。やっぱり僕は晴れ男。


8:20 a.m. 北谷側テラス着。辺り一面錦繍の山肌。もう少し赤と深い緑が欲しいなあ。


8:35 a.m. 富士見岩下岩稜帯着。




8:50 a.m. 富士見岩展望台着。本谷も紅葉真っ盛り。やはり今日来ておいて良かった。この辺りでこれだけの紅葉なら二重丸です。


8:55 a.m. 朝陽台着。紅葉を期待してか早朝からロープウェイのお客さんが多い。天気がいまいちで残念ですね。

遊歩道を一路望湖台へ。

イブネクラシの平頂峰の右に銚子ゲロゲロ。先週一度行っただけでなんとなく馴染み深く感じます。

9:10 a.m. 望湖台着。
足元が綺麗に染まっています。惜しむらくは曇っている事。日が当たれば眩しいほどの美しさであろうに。と思ったらイブネの東斜面に日が当たっている。天気は回復傾向か?

待っていても一向に晴れてきそうにないので鎌に向かう。

チロリン村広場まで来ると薄日が射し始める。空も真っ青とはいかないが薄っすらと青い。
日に当たると紅葉も輝き始める。

天指し岩で暫し写真休憩。

天気が良くなったせいか10時近くなると大勢の人とすれ違う。やはり行楽シーズンの休日。鎌もさぞかし賑やかなことだろう。


10:00 a.m. 武平峠通過。



10:20 a.m. 展望岩通過。


10:45 a.m. 鎌ヶ岳山頂着。

山頂はやはり人だらけ。そそくさと引き上げ休憩は岳峠で。

風の陰で休憩、燃料補給をする。

11:10 a.m. 出発。紅葉シーズンのビューポイントへ向かう。でも先程までの薄日もいつの間にか消え失せガスまで流れ始めた。寒い。おまけに笹薮は露を宿しており通るだけでベタベタになっちゃいました。「クソッ!」
曇りの為、鎌本峰の岩肌も輝きが無くちっとも綺麗じゃありません。残念!


後は白ハゲ経由で長石谷から降る事にする。早く降りて早く温泉へ行かなくっちゃ。

ラピュータの木も紅葉しかけ。まだ真っ赤にはなっていませんでした。


分岐から長石谷へ降りてゆく。

後は長石谷に沿って降って行く。時々ポツポツと水滴が。いよいよ晴れ男のごりやくが切れてきたかな?でもここまでもったのなら充分だ。


このー実、何の実、気になる実。何にも言わない実ですから、何にも言わーない、実にーなるでしょう。


12:20 最奥堰堤の河原にでる。

この辺はまだもう一歩ってところですかね。

12:35 車に帰着。なんとかここまで天気はもってしまいました。

やっぱり私は晴れ男だったようです。
さあ早く温泉へ。先日の銚子ゲロゲロの疲れも癒しましょう。
そういえば足の筋肉痛もいつか治っていたような…。


2005年11月03日20時50分00秒

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO