鎌ちゃん、お久〜。

今日も晴天。
ちょっと湿気が多いかな。
暑くなるかも…。
でも、もう9月。死ぬほど暑くはないだろう。

20050903

もう9月。日の出も遅くなった。日中はまだまだ暑いがこんなところで季節の移ろいを感じる。
7:00 a.m. 料金所跡駐車場着。
道路脇の楓が少し色付きかけている。


7:15 a.m. 出発。
道端には秋の花。山道に入るとあちこちにドングリが落ちている。葉っぱからするとクヌギか。


先週に比べ暑い。風が無い。湿度が高い。菰野の町も霞んで見えない。

暑くてたまらん。涼を求め地蔵岩で休憩。

こんなところに腰掛け足をブラブラさせていたら、また【Fool on the hill】のメロディーが頭に浮かんできた。
日がな一日こうやってボーっとしているのもいいなあ。←せっかちのあんたにできる訳ないだろ!

8:20 a.m. 北谷テラス着。

相変わらず湿気が多いが時折吹く風はさすがに9月。冷んやりと気持ちが良い。

8:35 a.m. 上部テラス着。

この少し下から行きつ遅れつしていた兄ちゃん、減量トレーニングしている。
合羽の手首もしっかり止めてあり、中では滝のように汗が流れている事だろう。見るからに苦しそうである。
後尾根からの合流点でまた追いついたので声をかけてみた。
海外遠征かな?とも思ったがそうでは無いそうだ。でも、暑さにことのほか弱いこの私、あの辛さはよーく解ります。
この兄ちゃん、時々相方と凄いスピードで駆け登って行くのを見かけます。若いって良いなあ。

8:50 a.m. 朝陽台着。湿気で雲母峰もぼんやり。

喫茶【ひめつつじ】跡に上がってみる。
ここにカウンターがあって、テーブルはこことここにあって…。
昔の事は忘れずによく憶えている。夕べ何を食べたかは憶えていないのに。

鎌へ向かう。

9:15 a.m. またまた天指し岩で休憩。暫し【Fool on the Hill】状態。
季節はもう秋。ススキの穂も出そろい中には綿毛になったものもある。こうやって季節は荒涼とした冬枯れに移っていくのだろう。そう思っていたら今度は【Green field】のメロディーが頭の中で鳴り出した。次から次へとほとばしり出るように聞こえてくる。僕って気狂い一歩手前かな? いや立派な気狂いだったりして…。
20歳代の頃の記憶がよく蘇るのは気狂いの前兆か、はたまた認知症の前兆か?


9:35 a.m. 武平峠通過。
鎌の登りにかかると両脇の笹が刈ってある。こりゃ歩き易い。雨の日なぞ最高!
でも様子が変わってしまい、一瞬別のところを歩いているような錯覚に陥る。


10:00 a.m. 展望岩着。小休止兼燃料補給。暑いと休んでばかり。


10:30 a.m. 鎌ヶ岳山頂着。祠に柏手の後、南面リッジの石に腰掛けて休憩。山頂は殆ど無風だが、ここまで場所を移すだけで風の通りが全く違う。暑いけど涼しい。


10:50 a.m. 出発。ひとまず長石谷へ。犬星滝から長石尾根に登り返す事にする。

暫く降り谷沿いになるとホトトギス(花)発見。この時期、鳥の方はもう鳴いていないので鳥と交替したのかな。


11:30 a.m. 犬星滝着。巻き道を登り、沢を詰める。

木漏れ日に木の葉が輝き綺麗。こうしていると秋本番のような雰囲気。


尾根に出てからは右手へ。(下り)
なんだか草臥れちゃったので三ツ口谷下流側へ降りる事にする。
そしてその下降点。小さな立て札が無くなっており丸太がいっぱい置いてある。
新しい看板でも作るのかな?
藪の中に捨ててある立て札を回収し元の場所に戻しておく。


12:30 a.m. 三ツ口最奥堰堤着。

この上の沢の横に石と砂で新たな道が作りかけてあった。
きっと不惑山岳会の人達がやってくれてるのだろう。有難い事です。三ツ口ダムの辺りが済んだので今度はこちらまで手を広げたのかな?

ここを下ると三ツ口ダム。今日も綺麗な水を湛えています。


13:00 車に帰着。今日は8月並みに大汗をかいてしまった。なにもかもベタベタ。さあ早く温泉、温泉。

犬星滝からずっと纏わりついていた小蝿をやっと撃墜。鬱陶しさがとれ爽快爽快。


2005年09月03日21時45分00秒

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO