20050821

お盆も過ぎ暑さもピークを過ぎた。後は日一日と涼しくなるだけ。
幸か不幸か今年は死ぬほどの暑さには遭遇しなかった。梅雨明け後の夏らしい晴天もなかったからなあ。
そして今日も雨模様。まあ行くだけ行ってみよう。連休中に備蓄した脂肪を少しは搾らねば身体が重くて呼吸が苦しい。

6:50 a.m. 料金所跡駐車場着。到着と同時に降りが激しくなる。
今日は車も少ない。皆さんまだ本番にお出かけか、それとも草臥れ果てて静養か。
「帰っちゃおかな?」と言う軟弱君を押さえつけてストイック君が着替えを始める。


7:05 a.m. 雨脚が弱まったところで傘を差して出発。

足がだるい。身体が重い。気温、湿度ともそれほど高くはないが不摂生の身体がまるで自分のものじゃあ無いみたい。


所々色付いた葉っぱが見受けられる。花もめっきり減り草臥れたコモノギクがチラホラ。

コモノギクを見て昨夜の事を思い出す。虞美人草は雛菊とばかり思い込んでいたが、雛芥子だったようだ。高一の漢文で間違って憶え込んだものだがなんと40年近い間気付かなかったって事か。いい気になって間違った事を個人サイトに書き込んでいると、中にはそれを鵜呑みにしてしまう人がいるかもしれない。気をつけねば。(面倒なので以前の間違った記事は訂正しない。)
そう言えばあの頃の先生方はご健在だろうか。もうとっくに定年を迎え年金暮らしなんだろうなあ。
宿題で漢文の暗記があり、それが紙に書けず職員室に出頭命令が出た事もあったなあ。そうそう、前の時限が体育で久しぶりに鉄棒にぶら下がったものだから手が震えて書けなかったんだ。職員室で口頭で詠んだら「なんだ、覚えてるじゃねーか。」
僕ってシャイな子供だったんだなあ。
…昔の事ばかり思い出すのは認知症の始まり?

7:50 a.m. 尾根に出る。小雨の中ガスがゆっくりと流れて行く。
ゆったりとした良い気分。こんな景色を楽しめる日本人でよかったなあ。


8:00 a.m. キレット着。
フェイス側へ乗り移る所の岩にもう大分前からクラックが入っている。いつ剥がれるかと思いながらいつもこの上に飛び移っている。皆さん、剥がれる事を想定して飛び移ってください。そう思いながら飛び移るのと何も考えずに飛び移るのでは剥がれた時の対応が違います。山歩きはリスクマネージメントの鍛錬の場です。


       
余計なお世話かもしれませんが…




8:15 a.m. 北谷側テラス着。
ススキが辺り一面に穂を出している。雄花が開いたばかりなのにこの雨。花粉がみな流れてしまっている。受粉できるのかな?


8:35 a.m. 上部テラス着。
ここまでで丁度1時間半。やはり老いを感じる。かといって頑張ろうと言う気も起きない。精神の方も身体に併せて老化しているようで。


8:55 a.m. 朝陽台着。「うーん、本当にゆっくりペース。」とか言いながら内心は「ドキッ、2時間近くかかっている!」

ロープウェイは動いているが人影はなく静かな山頂。小雨も止み湿気を帯びた風が心地良い。
やはり日本人。温帯モンスーン気候で生まれ育った者には多少湿気の多い冷んやりした風が似合っている。「うーん、メチャメチャ、モイスチャー。」
職場の乾燥したエアコンの風には参ってしまう。基礎代謝の少ない年寄りには長袖、ネクタイが欠かせない。クールビズでネクタイ外すと言うのならエアコン切ってくれ。
でも発言権の無いおっさんは寒いのを我慢して、また明日から会社勤め。



峠道に入ると両脇の笹が刈ってある。こんな天気の日には本当に有難い事です。だって面倒だから合羽着けたくないもん。

尾根筋に出ても割と道幅が広いのでズボンの濡れを気にせずに通れる。
「うーん、メチャメチャ、モイスチャー。」


9:35 a.m. 天指し岩で休憩。鎌で行く気は無いし早く降りすぎても温泉は未だ営業してないし…。

こんな所に腰掛けてボーとしていると、いつしかこんな歌を口ずさんでいる。

Day after day alone on the hill,
The man with the foolish grin is keeping perfectly still,
But nobody wants to know him,
They can see that he's just a fool,
And he never gives an answer,
But the fool on the hill
Sees the sun going down,
And the eyes in his head,
See the world spinning around.

幸か不幸か今日は曇っているので太陽も見えないし世界が回っているのも解らない。
それに世の中を達観している訳でもないが、こうして世間と距離をおいて見ると自分が近視眼的になっているように思う。週に一度はこういった心の開放も良いものだ。



降ったり止んだりの中歩いていると急に降りが激しくなる。ザックに刺してあった傘を差す。
なかなか止む気配が無いどころか凄い土砂降りに。峠道の掘割がいきなり沢に変身。こんな所で沢歩きが出来るとは!
思わぬプレゼントにウハウハ。

「うーん、ベチャベチャ、モイスチャー。否、ベチャベチャ、ウエッティー。」


10:00 a.m. 武平峠通過。このまま降る。
ブッシュでズボンが濡れるのを嫌いスカイラインを行く。悪天のおかげで通る車も少ない。

10:15 a.m. 西多古地の滝とご対面。
今日は凄い水量。音も凄い。さっきまでの土砂降りのおかげか?
写真だけじゃあ迫力が無いので動画を。と思ったらガスのベールに隠れてしまう。急ぐ事もないのでじっくり腰を据えてガスが切れるのを待つ。なかなか切れないので傘を差したまま燃料補給。
そして一寸の切れ間に撮影。下の写真を(クリック)

テヘヘヘヘ。失敗、失敗。 写真の癖でカメラを90°傾けてしまいました。水が右に飛んでますね。でも凄い水量です。大雨の時しか見ることが出来ない絵です。


10:40 a.m. 三ツ口ダム通過。
ここも水量が多いです。

そしてその下、三滝川本流も普段より水量が多く迫力があります。今日あたり湯ノ山の大石公園もド迫力でしょう。(恐いから行かない。)


11:05 a.m. 車に帰着。
今日も早仕舞い。さあ、温泉温泉。


2005年08月21日20時20分00秒

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO