20030726
先週、先々週と2週連続サボタージュ。3週ぶりですっかり身体が鈍ってしまった。今週は多少の降りでも汗をかきに行こうと思っていたらドッピーカン。鈴鹿の山並みにはまだ雲が残っているがすぐ消えるだろう。
(家の近くの高台から鈴鹿の山並みがよく見えるんです。出かける途中、ここでその日の天気を予想してます。)

菰野町に入ると雲も大分薄くなり山頂が望めるようになった。またまた役場経由にルート変更。


7:15 a.m. 料金所跡駐車場出発。
今日は車が多い。中道は混みそうなので本谷から。一の谷の堰堤から流れ落ちる水は若干多め。
風が強めで気温もさほど高くないのでとても爽やか。もうこの季節、普通なら暑さにやられてすぐバテバテになってしまうのだが全くその気配なし。汗もかかず20分程で不動滝に到着。(7:35 a.m. )

快調に歩を進め三角岩の上で菰野の町を振り返る。
すっごく良い天気。この涼しさからすると梅雨前線はまだ太平洋上に下がっているのかな?だとするとまだ梅雨は明けてないのか?

あちこちにピンクの花が咲いている。葉っぱはヘビイチゴとそっくりで刺もある。でも花が全く違う。


8:40 a.m. 大黒岩展望台着。山頂からガスが吹き降ろし一向に切れる気配が無い。

早々に引上げる。隣の鎌はよく晴渡っている。毎度のコースで鎌に向かう。
山頂一帯はもう初夏の様相。でも雲っていて少し肌寒い。

山頂から少し降ると日が射し出す。やはり初夏の陽射しで強烈だ。グラサン大正解。雨乞も山頂付近は雲の中。西風が強く空冷が良く効き陽射しの割りに凄く爽やか。


9:30 a.m. 武平峠通過。
登りにかかると多少汗ばむが身体が蒸れる程ではない。シャツの濡れ具合を見て、今日は新兵器を用意してきた事を思い出す。先日ユニクロで買ったCOOLMAXという素材のドライシャツを着てきたのだった。風のおかげもあるかもしれないが、さすがにこのシャツ乾きが速い。さすがDUPON!
見上げると青空をバックに木の葉が透けて見えとても綺麗。

9:55 a.m. 展望岩着。
雨乞の雲もだいぶ薄くなり、御在所山頂はすっかり晴れている。四日市方面は雲ひとつない天気。伊勢湾に浮かぶ船がはっきりと見える。

10:20 a.m. 鎌山頂着。思ったより人が少ない。こんな好天にしては珍しい。
リザーブシートにて寛ぐ。

今年初めての半そでスタイル。炎天下にいると腕も首筋もチリチリと焼かれ、みるみるうちに赤みがさしてくる。慌ててタオルをあてる。
11:00 a.m. 山頂出発。とりあえずサンノダケを目指す。辺り一面しっとりとした緑が輝き瑞々しい。
白ハゲの岩塔の上で小休止。陽射しの強さを強めの風が冷やしてくれて快適なことこの上なし。暫しうたた寝。何も考えずただただのんびりとする。遠くでヒグラシの声。「ああやっぱり夏なんだ−。」


命の洗濯の後 爽やかさに誘われ、そのまま馬の背を辿り三岳寺へ。
春に来た時、三岳寺へ折れずに末端まで辿り稲森谷入口まで行ってしまった事を思い出す。「今日は気をつけよう。」

12:45 札所最上部の展望台着。

三岳寺一帯もしっとりとした深緑が輝き心がなごむ。


12:50 温泉街を通り抜けスカイラインの駐車上へ。
殆どの旅館が廃業したようで未だ営業している所は疎らにしか無い。売り物件の貼り紙がしてあるもの、既に更地になっているもの…。おかげで飼い犬に吠えられる事も無くなったが…。

13:15 車に帰着。今日は本当に爽やかな一日だった。冷夏万歳。いや農家にとっては大変なことか。何年か前のように米不足にならなければ良いが…。
3週間ぶりの温泉を堪能してから帰途につく。
2003年07月26日21時43分00秒

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO