20030111
7:05 a.m. 湯ノ山 奥の駐車場着。 今年2回目の御在所通い。今日もまずまずの天気。
7:25 a.m. 出発。 今日のMenuはーっと一の谷上部に目を遣る。 が、雪の付きが悪そうだし未だ締まってなさそう。 と言う事で先週同様 中道-鎌-三ツ口谷。 雪も少なそうなのでゆっくりと望湖台にも寄るとしよう。
また、下降ルートは雪の状態を観て決めよう。

先週からまた一段と雪が減っている。 まるで晩秋か初冬に逆戻りしたかのよう。

オバレ岩のすぐ上で熟年のおじさんに抜かれる。「一度(雪が)解けて歩き難いけど、上の方は大丈夫だよ。」などと懇切丁寧にアドバイスしてくれる。 余程トウシロウに見られたのかな? ここは謙虚に返事をする。
ドタグツ(工事用長靴)にコンパクトなデイパック。一見して沢屋と解る。身のこなしから相当な年季と解る。いくら荷が軽いといってもあの年齢、まだこんな猛者がいるんですねえ。参りました。

8:00 a.m. 岩棚着。 鎌の上には薄雲があるが御在所はピーカン。風も無く穏やかな日和だ。


8:10 a.m. キレット着。
釈迦ヶ岳に薄雲がかかっている。釈迦もだいぶ雪が落ちてしまったようだ。

キレットも結構岩が剥きだしになっており、つま先立ちで下降する。 スタンスに付いた氷もつま先で軽く蹴ってやるとパラパラと割れて落ちる。
その上の凹角も詰まっていた雪が落ちてしまい、難なく登れる。
暫く続く掘割道はしっかり締まった雪の階段と化しており、無雪期より歩き易い。

8:42 a.m. 岩稜帯着。相変らず鎌の上(向こう)には薄雲が有るが、鎌自体は日が当ってなんとも暖かそう。
北側に目を遣れば、釈迦の薄雲は晴れ、その向こうに竜ヶ岳が一際白く、その奥に藤原、御池と連なる山並みが見渡せる。




9:00 a.m. 朝陽台着。 先程のおじさんに触発されたのか写真休憩を入れてる割に、まずまずのペースだ。休憩所のベンチで当人は食事の用意をしている。歩くのも速けりゃメシも早いな。
山頂付近は先週から若干降ったみたいだ。大黒岩の白い帽子が分厚くなっている。


スキー場も圧雪が済み後はお客さんを待つのみ。


快晴の山頂。あちこちをパチパチ。





9:20 a.m. 望湖台着。

雨乞岳も先週より白くなっている。


雪景色を満喫し、武平に向け出発。
峠道の途中で例のおじさんに追付いてしまった。エサの後直接、武平に向かったようだ。道を譲られたので先に行くとピッタリくっついて追立ててくる。 登ってくる人とすれ違うため雪の深い所に潜りこみその時にスパッツのゴムが外れそれを付けようとしゃがみこんだら、例のおじさんが追越して行った。
せっかちと言うか、気が若いと言うか・・・。 気が付いたら今度は僕がおじさんを追い立てていた。 せっかちと言うか、気が若いと言うか・・・。
武平峠でおじさんが立ち止まった。 私はそのまま鎌の登りへ。 「やっと離れた。」と思い暫く登った所でおしっこ。 するとその間にまた追越され・・・。
その後は追付けませんでした。 荷の重さだけでなく、ザックに付けたツルハシが木の枝に引っ掛ったりして四苦八苦。  いや、やはり体力の違いでしょう。素直に兜を脱ぎます。「まいりました。」

10:35 a.m. 展望岩着。雨乞岳が綺麗だ。


11:05 a.m. 鎌ヶ岳山頂着。 祠に御参りの後指定席に向かうと、あれっ先客有り。
別の場所を確保しエサの仕度。 幸い今日は風が無く、それにこの陽射しの強さ!まるで春! 日光に焼かれ頬がちりちりと熱を持ってくる。


12:00 出発。 雪が未だ柔らかそうなので、先週と同じルートをとる。但し三ツ口源頭の尾根のピークから直接降りる。確か現役の頃は登山道もこちらを通っていた。 下降点までが吹き溜まりと木の枝との格闘だったが、その後は軽快そのもの。 あっという間に一般道に合流。その後は先週と同じルート。踏み後が綺麗に消えていると言う事は降ったんだな。


樹林帯に入ると、先週より雪が柔らかく、傾斜が無いので、ずぼずぼ潜ってちっとも進まない。ワカンをつける。 うん、やはり快調快調。
尾根コースと合流すると、例のおじさんの足跡発見。 山頂では会わなかったがこちらを降りてきたのか。 つるはしもワカンも持って無かったからなー。荷が軽いのは良いけど、楽しみが制約されるよなー。 私の方は、重くても持ってきて良かったー。

13:30 三ツ口大滝の下に到着。水の流れの部分の氷が溶けてしまっている。暖かかったもんなー。
隣のルンゼにはしっかり雪が。 「いつか降りてやろう。」


薄暗い谷を抜け、最初(最奥)のダムまで来るとパッと明るくなり眼前には御在所と真っ青の空。今日はいつになく明るく感じる。 このダムの下までもルンゼ沿いに降りられる。これが最後の雪遊び。


14:15 車に帰着。
温泉で今日の疲れを癒し帰途に就く。
今年はあと何回くらい雪遊びできるかなー。 もっとどっさり積もらないかなー。 スキーも行きたいしなー。
2003年01月11日23時30分00秒

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO